HOME >  【目的別】英語力アップのための学習法 >  スキルとして身につけたい

スキルとして身につけたい

ビジネスにおいて英会話は、当然身に付けておくべきスキルとなりつつあります。いかにしてビジネス英語を習得するか、英語学習のポイントをまとめてみました。

ビジネス英語はすでに身に付けていて当然のスキル

海外へ進出する日本企業が増え、日常的に国外の取引先とやり取りする機会が増えた、と感じている方も多いことでしょう。

今や、社内公用語を英語にしてしまう企業まで出てきましたし、海外赴任などが決まり必要に迫られて「英会話を勉強しなきゃ」と思っている方もいるかもしれませんね。

一昔前までバイリンガルの社員は特別な存在でしたが、現在は英語でコミュニケーションをとれることが当然のスキルとなっています。英語が使えないと、お話にならないわけです。

【学習法1】ビジネスで使う言い回しをめいっぱい覚える!

ビジネス英語を身に着けるための学習法はとにかく表現をたくさん知って覚えること。

ビジネスで使われる言い回しはある程度決まっており、こう言われたらこう返す、という型が出来上がっています。

その型をどれだけ知って頭へインプットするのか、その知識が英語習得のベースとなります。

例えば、周りにいるネイティブスピーカーの表現に注意して聞き、気になるものを片っ端から反芻し、メモを取っておくこと。

メールでの上手な言い回しなどは、コピーしてまとめて保存しておきましょう。

【学習法2】ひたすら聞いてリスニングの力をつける!

電話でのやり取りなども多くなるビジネス英語において、リスニング力は大きなウエイトを占めます。しかし、英語には日本語に存在しない音が多数あり、正確に聞き取ることは難しいもの。

単語と単語を組み合わせ、音をつなげて発音する場合などはほとんど聞き取ることができなくなってしまいます。

聞き取る力をつけるには、ひたすら英語を聞き続けて耳や頭を英語に慣れさせることが重要。

そのとき、耳で聞くだけでなく一緒に発音してみることで、耳と口の両方から発音を理解していくようにすると上達が早まります。

【学習法3】覚えた英語を実際に使ってみる!

英語は表現や言い回しを覚え、聞く耳を育てるだけでは上達しません。半ば強制的にでも英語だけの環境に身を置いて、実戦で身に付けることが最も早い方法なのです。

ビジネス英語の言い回しが頭に蓄積されてきたら、ネイティブスピーカーを相手にアウトプットしてみることをおすすめします。覚えた表現を実際に使ってみて、相手へ意図したように伝わるかどうかを確認しましょう。できることなら、あらゆる表現にチャレンジして、間違いや発音の悪さなどを指摘してもらえると良いでしょう。

英会話スクールを実践の場として活用しよう

実際のビジネスの場で覚えた英語を実践できればよいのですが、なかなかそのような機会を作るのが難しい方も多いはず。

失敗が許されない会議や取引先への営業で、覚えたての表現の間違いを指摘されたら、目も当てられません。

そこで大いに活用したいのが、英会話スクール。中には、会議や電話のやり取りなど、実際に起こり得るシチュエーションを想定して、外国人講師を相手にアウトプットのレッスンができるスクールもあります。

あくまでもレッスンですから、どんどん新しい表現にチャレンジして間違いを指摘してもらえますし、発音も修正してもらえます。

実戦さながらのレッスンで、表現力に磨きをかけることができるのです。

タイプ別でオススメ!渋谷の英会話スクール7選!